女性

うつ病を克服して快適な生活を送ろう|症状に打ち勝つ

精神疾患と向き合うには

女性

原因が何かを知る

うつ病を克服するためには、病院でしっかりと診断してもらうことが大切です。必要に応じて、効く薬を飲むことで早く治せるようになります。しかし、薬さえ飲んでいれば治るというわけではないのが、うつ病なのです。なぜそうなったのか、という原因を先生やカウンセラーさんと一緒に探し、原因を特定する必要があります。そうすることで、早い段階でうつ病を克服するために必要なことが分かってくるからです。病気の原因は人それぞれなので、こればかりは薬だけでは治せない部分です。また、生活習慣を見直す必要もあります。寝不足続きだったり、食生活が乱れているのは良くありません。うつ病になると、寝てばかりということもありますが、病気だからこそ、なるべく規則正しい生活や食生活を心がけなければいけないのです。そうは言っても、うつ病になり始めた頃はすぐに身体が動くわけではありません。無理をして普通に過ごすと悪化してしまう事もあります。しっかりと病気を克服していくためには、無理はしてはいけません。調子が悪い時には、会社や家族に言った方が心が楽になります。うつ病というのは抵抗がある場合でも、調子が悪いという曖昧な言い方でいいのです。まずは、自分の異変を相手に知ってもらう事がとても重要なのです。色々な感情を押し殺して、無理をしてしまう事は、症状を重くさせる原因になります。せっかく克服したくても、自分のプライドなどが邪魔をして無理をしてしまったら、元も子もありません。自分の気持ちに嘘をつかないという事もうつ病を克服するための近道といえます。

やれることをやっていく

どうしても身体が動かせずに寝てばかりしていると、いつまでも克服することはできません。一日のうち、少しでもいいので「やれるかな」という事をしてください。うつ病は、脳で作られるセロトニンという成分が少なくなる事で症状が出てきます。このセロトニンを外から簡単に取れる方法として、日の光に当たるのが一番いいです。朝日に当たれというわけではなく日が出ていればいつでもよく、1日のうち5分でも10分でも外に出て太陽の下にいればいいのです。特に首の後ろに太陽が当たるように背を向けるのがお勧めです。また、寝ているからと食事を怠るのもいけません。セロトニンの原料であるトリプトファンが含まれている食品は、たくさんあります。代表的なものが、バナナ、ニンニクです。薬と違い、副作用がないので少しずつ食事に取り入れてみてください。うつ病を治したい、克服したと本気で思っているならば、会社や家族の協力が必要です。無理をせず休む時は休み、動ける時には少しでも動くという事をやっていく。そして、出来るだけ規則正しい生活としっかりとした食生活を心がけるだけでいいのです。どんな事がいいのか、悪いのかを自分で調べるのは、骨の折れる作業です。そういう時は、家族に甘えるという選択肢を使ってください。頼られるのが嫌な家族はいません。必ずあなたの助けになってくれるでしょう。ですから、一人で抱え込まず相談してみてください。周りに相談する事で、うつ病を克服出来る早道を知る事が出来る場合もあるのです。