うつ病克服の鍵は治療法症状にあった治療を受けましょう

うつ病を克服して快適な生活を送ろう|症状に打ち勝つ

長い目で見ることが大切

相談

能動的な取り組みが重要

うつ病の特徴には、似通った症状が生じる別の精神疾患も存在し、こうした疾患の中にはうつ病に適した治療を施すことで却って症状が悪化してしまうケースもあります。いち早く精神疾患の専門医による正確な診断を仰ぐことが重要です。そしてその医師が的確な診断を行えるようにするために、患者自身の能動的な取り組みが大切です。また、再発率の高い疾患であるので注意する必要があります。1つ目の特徴に関しては、例えば双極性障害を患った患者の初期症状は躁症状の場合とうつ症状の場合の両方のケースがあり得ます。この内のうつ症状が初期症状として現れた場合には、うつ病の症状と似通ったものとなりますので、専門医による診断を仰がないと判断が難しいのです。そしてうつ病を克服するための主要な治療法の一つである抗うつ剤の服用を双極性障害の患者が行うと、躁状態を助長してしまい、却って双極性障害の症状を悪化させてしまうというリスクがあるのです。このようなケースがあり得るため、うつ症状が発症しても、自分でうつ病と決めつけることなく、まずはいち早く専門医を受診して症状についてできるだけ詳しく説明を行うことが大切なのです。このように、うつ病と思われる症状があった際には受診して正しい診断を仰ぐことと、克服するための的確な治療を始めることが大切なのです。精神科や心療内科といった精神疾患の専門医の診察は、内科や外科などのように聴診器やレントゲンなどを利用して視聴覚を活用した診断を行うわけではなく、患者やその家族などに症状や経過、原因と思われる事象などを質問する医療面接の形が中心なので覚えておきましょう。

高い再発率

このように、主に医療面接によって患者側から提供された情報を元に、医師は患者の疾患名やその症状の程度を診断していきます。ですので、より的確な診断を仰ぐためには、患者の側が症状や治療の効果などの情報を詳しく正確に伝えることが大切なのです。従って、うつ病の克服のためには、患者自身も治療に前向きな姿勢で行動することが大切になります。そして、主治医に症状や治療によって生じた変化などの情報を正確に伝える上で有効な手段となるのが、日記のように日々の症状や治療による効果についての記録をつけることです。特に、投薬治療に使う薬の種類や用法・用量に変化が生じた際などの治療方法に変化が生じた時などはより詳しく記録を残しておくことが大切なのです。そしてこうした記録を主治医を受診する度に持参して主治医に伝えることによって、より詳しく正確な情報を主治医に提供することが可能になるのです。また、このように日々の記録を残しておくことにはもう一つのメリットがあります。それは3つ目の特徴であるうつ病の再発率の高さに対する対策になるということです。うつ病は一旦症状が治まっても、再発する可能性が高い疾患で、発症前と同じようなストレスを受ける環境に戻ってしまった場合などに加えて、最初に症状が現れた時期や季節の変わり目など、特定の季節になると症状が再発しやすくなるという傾向もあります。このような要因による再発を予防する上で、自分がどの時期になると体調が悪くなりやすいのか、うつ病の症状の再発リスクが高くなるかをといったサイクルを把握できていることがとても有効なのです。5月病になりやすい、冬になると無性に心が苦しくなるなど、自分の心理状態の変遷を意識するとよいでしょう。時間はかかりますが、心理状態の変遷をメモしておくのも効果的です。日常的に自己分析を行っておけば、うつ病の克服もスムーズに進むでしょう。

精神疾患と向き合うには

女性

どうしてうつ病になったのかという原因を知る事がとても大切です。克服への道は、規則正しい生活と食生活が重要ですが無理は絶対にしてはいけません。周りに相談をして、会社や家族の協力を得る事が、うつ病を克服する近道になるかもしれません。

もっと読む

心のガソリンをチャージ

手を広げる男性

うつ病の克服に必要とされるのは、十分な休養と抗うつ薬の服用です。また、これらと並行して行われる治療が認知行動療法という治療です。専門医の指導のもと適切な治療を行うことが克服への近道となっているので、症状が悪化する前に受診しましょう。

もっと読む

心の病気を治療する

看護師

「うつ病」は現代を象徴すると言われている「心の病気」ですが、近年はその研究と対処法の向上によって、かなり克服されて来ています。実際、精神科の受診といった行為への偏見の減少もあって、治療効果があったと言ってもいいくらいの成果は、十分に確認されているのです。

もっと読む